『シチズンフォー スノーデンの暴露』予告編

米国政府のスパイ行為を告発した男、エドワード・スノーデン。
世界を震撼させたスノーデン事件の全ての記録(ドキュメント)――。

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスに重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳の元CIA(中央情報局)職員、エドワード・スノーデン。彼の暴露、それは、米国政府は世界の要人だけでなく、一般国民の電話、インターネット等を傍受しスパイ行為を行っているという驚愕の真実だった。
インタビューを敢行したポイトラス監督は、本作でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞、そして、もう一人のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドのガーディアンへの寄稿はピューリッツァー賞に輝いた。世界を駆け巡った“スノーデン事件”の始まりとその真相、母国(アメリカ)に戻れなくなった彼の亡命までを追った衝撃作。

6月11日(土) シアター・イメージフォーラム他全国順次公開
http://gaga.ne.jp/citizenfour/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP