【解説】サル痘 全米の感染者約3割がNYに集中の理由は? NY支局・中丸徹支局長【ABEMA NEWS】(2022年7月27日)

◆ABEMAで話題の記者解説を無料視聴▷https://abe.ma/3hbRaxx

 25日に国内でも初めて感染者が確認されたサル痘。改めて詳しい症状などをみていきます。感染すると発疹(ほっしん)や頭痛、発熱や悪寒、倦怠感などの症状がでます。感染した人や動物の病変、体液、血液との接触を中心にうつり、この中には性的な接触もふくまれるということです。潜伏期間は通常7日から14日で、最大で21日とされています。そんななかアメリカではサル痘(とう)の感染拡大の中心となっているニューヨーク市で感染者が1000人を超える事態になりました。ここからはANNニューヨーク支局の中丸徹支局長に詳しく解説してもらいます。中丸さん、よろしくお願い致します。

◆ABEMA NEWSは24時間放送中!視聴する▷https://abe.ma/38Lkkin

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

#サル痘#新型コロナ#アメリカ#ABEMAnews

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP