バイデン氏「プーチン大統領は攻撃をエスカレート」ゼレンスキー氏「人道問題」首脳会談後の会見でロシアを改めて非難|TBS NEWS DIG

アメリカのバイデン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領との首脳会談が終了し、記者会見を行っています。ホワイトハウスから中継です。

アメリカ バイデン大統領
「プーチン大統領がウクライナの人々に対して理由もなく不当な全面攻撃を開始してから300日になります。300日間、彼らは自国への愛、そして彼らの揺るぎない決意を示し続けています」

バイデン大統領は会見で、「プーチン大統領は攻撃をエスカレートさせている。重要なインフラを標的にし、罪のないウクライナの人々や子どもの生活を苦しくさせるような攻撃を続けている」と話し、ロシアのウクライナ侵攻を改めて非難しました。

会見に先だって行われた会談で、バイデン大統領はウクライナに対し、地対空ミサイルシステム「パトリオット」1基を含む18億5000万ドル=2400億円あまりの新たな軍事支援を表明しました。

これについてゼレンスキー大統領は会見で、新たな軍事支援に感謝の言葉を述べました。そのうえで、「私たちの国民を守らなくてはならない。これは人道問題だ」と強調しました。

ゼレンスキー大統領は会見の後、連邦議会に移動して日本時間午前9時半から演説を行う予定で、ウクライナへの支援の継続を訴えるものとみられます。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP