9/11をゆがめたインターネット いたずらや陰謀論が拡散

2001年9月11日、自爆攻撃を計画した実行犯グループがアメリカの旅客機4機をハイジャックし、ニューヨークの高層ビルと米国防総省に突入した(1機は野原に墜落)。

その数日後、インターネットにはこの日の出来事に関する偽の情報や陰謀論があふれていた。

その大部分は、ばかげたでたらめだとして否定されたものの、一部は人種差別や反ユダヤ主義、ディープ・ステイト陰謀論などへと変化していった。

BBCニュースサイトの記事はこちら。
https://www.bbc.com/japanese/video-58510850

YouTubeのBBCチャンネル登録はこちらから。http://goo.gl/tYDMwU
BBCニュースの日本語ツイッターはこちらから。https://twitter.com/bbcnewsjapan

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP